So-net無料ブログ作成
トップページへ

うなぎに合う日本酒 [うなぎ百撰の記事]

うなぎと日本酒の相性は、言わずもがな“バッチリ”なのであります。
ではどの銘柄がよりバッチリなのか……毎年、日本名門酒会さんがマッチングテストを行なっています。そのテストにサカイが参加。今年で4回目の参加となりますが、相性テストはムズカシイ……けどオモシロイ……結果は「うなぎ百撰」夏号でお知らせいたします!
DSC09416.JPGDSC09387.JPG
DSC09408.JPG

食覧会 [月刊日本橋の記事]

日本橋から食の情報を発信する「豊年萬福塾」(小泉武夫塾長)では、「東京湾の環境をよくするために行動する会」との共催で、“江戸前の学校”を開催してまいりました。

これまで3回開催された“江戸前の学校”では、東京湾沿岸の千葉県、神奈川県、東京都で活躍する研究者・識者、生産者をお招きし、東京湾の現状について生の声をお届けしてまいりました。

江戸前の学校の4回目は“食覧会”。総集編として、実際に江戸前(東京湾)の幸を味わいましょう! という企画です。
江戸前の幸を料理してくださったのは……

DSC00097ah.jpg

ジャーン!たいめいけん三代目・茂出木浩司さんと、日本橋ゆかり三代目・野永喜三夫さん。
会場に爆笑の渦を巻き起こすお二人のトーク!

DSC00038ah.jpg

この時、ここでしか味わえない、江戸前の幸満載のオリジナル料理。(写真は一部です)

DSC00030ah.jpgDSC00053ah.jpg

クラムチャウダー、海苔餡のかかった茶碗蒸……
美味しさに感嘆の声が上がります。

DSC00184ah.jpg

最後は、大福引き大会。なんと空くじ無し。
茂出木さん、野永さんより大盤振る舞いのプレゼント! 

おかげさまで、盛況のうちに幕を閉じた食覧会。皆様、ありがとうございました。

好きなもの [月刊日本橋の記事]

ガラスの器に、漆が施されています。
素敵です。
日本橋黒江屋さんで。

佐々木さんのしゃぶしゃぶ [月刊日本橋の記事]

もうすぐ「月刊日本橋」6月号が出ます。
本誌に日本橋の逸品をご紹介する、
タイトルも「逸品」というコーナーがあります。
(20年以上も続くロングラン連載です!)
6月号の逸品は、「佐々木」さんの“しゃぶしゃぶ”です。

取材担当のサイトーも大変気に入った様子で、
「黒酢を使った特製ポン酢でいただくと、
いくらでも食べられます」とレコメンド。

ワケあって、最近、肉食に積極的なワタクシは、
早速、しゃぶしゃぶを求めて佐々木さんにおうかがいしました。
地元老舗のIさんとMさんとの三人で、
美味しくしゃ〜ぶ、しゃ〜ぶ、してまいりました。
サイトーともども、オススメさせていただきます。

佐々木さんを出てすぐの十字路を南に進路を取ると、
コレド室町が見えてきます。意外と近い!
というわけで、二次会はコレド室町2へ。
オープンスタイルのお店が多く、
ワタクシども3人もそういうお店の通路側の席にいたもので、
いろんな方(知人)に会うこと、会うこと……。
三次会は「日本橋とよだ」さんで、
久し振りに若旦那とおしゃべりさせていただきました。

「佐々木」さんのしゃぶしゃぶ、
6月1日発行の6月号で、ぜひ、チェックしてくださいませ。
http://dezasta.com/sasaki/menu/index.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。