So-net無料ブログ作成
トップページへ

黄色い…… [月刊日本橋の記事]

月刊日本橋では、昨年8月、本誌会員店の皆さんに、プランターを使って江戸野菜を作っていただく「にほんばし江戸東京野菜プロジェクト」を立ち上げました。
第1弾では亀戸大根、金町小カブ、しんとり菜、伝統小松菜を栽培。
今年5月からは第2弾として寺島ナスを栽培しておりました。

日本橋のそば店「利久庵」の寺島ナスです。

DSC_0026.JPG

DSC_0044.JPG

(2010年7月時点)

と、寺島ナスに限らず、ナスといえば「ナス紺」という言葉どおり、濃い紫色ですが……。それは、ある日突然編集部にやってきました……。

黄色い寺島ナス!!!

DSC_0013.JPG 

自立する黄色い寺島ナス

DSC_0019.JPG


肩を寄せあう黄色い寺島ナス

パッと見は、柿に見える黄色い寺島ナスは、じつは、日本橋のお香の専門店「千歳」の寺島ナスなのです。
なぜか、二股に枝分かれしたところから黄色いナスが育ったそうで、千歳の社長夫人が3つほど編集部にお持ちくださいました。

突然変異なのか、熟してる(?)のか。
何故こんなにも黄色くなったかは現在調査中! 

さて、気になるのは中身のこと。一体どんな風になっているのか、包丁で切ってみることに。

DSC_0023.JPG

DSC_0027.JPG

ぱっくり! ちゃんとナスの種もあります!
それに、ナスの匂いが一層強いような気がします。

とはいえ、食べていいものかわからぬまま、編集部の窓辺に飾っている今日この頃です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。